教室案内

HOME > あすなろ伸学舎とは

基本理念

塾長の挨拶

あすなろというのは樹木の名前です。漢字で翌檜と書きます。
翌日、つまり明日、檜(ひのき)になろう、という意味です。
ひのきの木は香りが高く、約50m以上にまで成長し、建築用の良材と言われています。
ひのきと同じヒノキ科に属するあすなろは、ひのきに次ぐ良材と言われているのです。
明日に向かって日々努力する生徒たちを社会で通用するような人に育てる。
それが、私たち〝あすなろ伸学舎”です。
さて、『学力を身につけること』は、言葉で言うのは簡単ですが、実は、そう簡単なことではありません。
それを実現するためには、子供たちそれぞれが持っている生活のリズム、集中力、度量、主義主張、
価値観などに対して、学校や塾の先生が心を傾け、適切に導くことが不可欠だと考えています。

あすなろのみんな

  • 挨拶をきちんとします
  • 約束(宿題)は守ります
  • ごまかしたりしません
  • 目標(点数・志望校)を決めます
  • チャレンジ(目標点数達成・英検・漢検)します

こんなことは、あすなろではあたりまえのことなのです。
そしてまた、これらを軽んじていては学力は身につかないことを、子供たちみんなが知っています。
このピリッとした雰囲気の中、子供たちには笑顔があります。質問があります。
あすなろの生徒と先生の気持ちは、しっかり通じ合っているのです。
このように、あすなろ伸学舎は、創立からずっとこの『本当の塾のスタイル』を持ち続けています。
お母さん、お父さん、そしてこれを読んでくれているきみ自身へ、あすなろ伸学舎は宣言します。
『明日のあすなろも、本当の塾のスタイルです』

指導方針

学力の差は〝もともとの頭の良さ”と考えられている保護者の方もいらっしゃるかと思います。
あすなろ伸学舎では「学習時間の差」と「学習量の差」が「学力の差」につながると考え、指導しています。

学習時間の差+学習量の差=学力の差

こころの教育

学力をつける、と言葉でいうのは簡単ですが、そうたやすいことではありません。
実現するためには、生徒ひとりひとりの性格・価値観・生活習慣などに対して、
学校や塾の先生が心を傾け、適切に導くことが必要だと考えます。

  • 礼儀を重視

    特に目上の人に対する
    礼儀をきちんと指導

  • 信頼関係を大事に

    保護者との橋渡しとなり
    生徒の成長を支えます

  • 建設的な思考力を養成

    達成意欲の度合いで
    受験の合否が左右されます

  • 目標(夢)を持たせる指導を

    『学問に王道なし』
    順序良くものごとを
    考える力をつけます

  • 生徒の将来を保護者と考える

    生徒自身と保護者で将来や
    志望校を決めるお手伝いをします

概要

会社名あすなろ伸学舎
施設名あすなろ伸学舎 本館あすなろ伸学舎 別館 セルフスタディ
所在地〒816-0813福岡県春日市惣利2-35-1F〒816-0813福岡県春日市惣利2-32-1F
TEL092-595-4149092-405-3666
設立平成12年4月平成19年3月
代表者赤司 穣(あかし ゆたか)
営業時間月曜~土曜 14:00~21:00
概要
手前の白いビル1Fが本館あすなろ伸学舎
概要
右奥にあるビルの1Fが別館セルフスタディ
あした、ひのきになろう 合格実績
あすなろNEWS みんな、ひのきになれる 講師紹介

page_top

Copyright © 2017 Asunaro Shingakusya All rights reserved.